23

6月

2010

ULA-Equipment Epic

ついに、理想のパックがリリースされた。

 

持って行く荷物の量にあわせて容量を変えることができる、ありそうでなかったカタチ。

 

原理的には背負子である。

狩や薪拾いのために山に入り、荷物が増えても、必然的に容量が増えて持ち帰られるように使っていた時代のモノだ。

 

シンプルに、丈夫で、背負いやすい。

背負子には元々道具としての美しさと実用性を兼ね備えたデザインが備わっていると考える。

 

モノには元々の普遍的なカタチがあって(金剛杖や笠など)、それを現代の最新素材でリニューアルして山で使ってみるという考え方は実に面白い。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1

  • #1

    Piers (月曜日, 23 7月 2012 11:17)

    I was looking for something similar, I am very grateful you have shared this subject

  • loading