2010年

10月

28日

移転のお知らせ

このHPだとブログが書き辛いのと、写真の劣化が気になるので、ブログ部分だけ移転します。

 

 

新しいURLはhttp://tawamureya.exblog.jp/です。

 

 

ブックマークの変更をよろしくおねがいいたします。

0 コメント

2010年

7月

04日

筑波山ボッカトレーニング20100704

新しいザックが来て、本当は一泊でもしたいところだったが雨予報にモチベーションを削がれ、しかしどうしても背負い心地を試したくて日帰りでハイキングしてきた。

 

以前一度だけ歩いたことのある筑波山。

 

天気がよければ霞ヶ浦を一望できるはずの山だが、たしか前回も曇りのち雨の空模様だった。

 

今回も前日まで雨で、しかも大雨警報なんかも各地で出てたりして、予報はあまりよくないが、この時期の気温のことを考えると雨に打たれながらのほうがヒートアップせずに済みそうだし、重い腰を上げて行ってみた。

今回歩いたコースは前回と同じ、白雲橋コース。

登山道に入ると、いきなり赤い物体・・・これはベニテングダケ??植林のようで植林でないような雰囲気。とにかく巨大な杉がたくさん生えている。

 

続きを読む 2 コメント

2010年

7月

02日

ULA epic + SEAL LINE ILBE Sack Liner

BPLのサイトで見かけて以来、色々想像力をかき立てられていたバックパック、ULA epic。

最大の特徴は、ドライバッグを挟み込むためにデザインされたシンプルな構造。

サイドに2箇所づつ、トップに1箇所のコンプレッションが大型メッシュポケットと連結されている。

 

容量は必然的に、ドライバッグに依存する。

行く山、日数、季節によって同じパックで必要な量の容量のドライバッグを選べばいい。

ミニマムで38l、最大で82lまでのドライバッグを担ぐことができる。

今回選んだものはSEAL LINEのアメリカ海軍が使っているらしい軍物。

 

注文してから待たされる印象の海外通販だったが、アメリカから丁度一週間という短期間で手元まで届いた。

続きを読む 7 コメント

2010年

6月

23日

ULA-Equipment Epic

ついに、理想のパックがリリースされた。

 

持って行く荷物の量にあわせて容量を変えることができる、ありそうでなかったカタチ。

 

原理的には背負子である。

狩や薪拾いのために山に入り、荷物が増えても、必然的に容量が増えて持ち帰られるように使っていた時代のモノだ。

 

シンプルに、丈夫で、背負いやすい。

背負子には元々道具としての美しさと実用性を兼ね備えたデザインが備わっていると考える。

 

モノには元々の普遍的なカタチがあって(金剛杖や笠など)、それを現代の最新素材でリニューアルして山で使ってみるという考え方は実に面白い。

 

 

 

1 コメント

2010年

6月

16日

blog

まだみんながやっていないこと・・・ということで、ホームページを作ってみたものの、

手作業命のアナログ人間が、htmlとかcssの文字の羅列を見たところで、アレルギー反応を起こすしかないわけで。

なんとか便利なサイトなどを参考に、ここまで作ってみた。

 

あんなスプーン作るくせに、こういうウェブに対するマメさが皆無。しかし、忍耐と根気が必要なのは変わらないと思った。

 

IT系企業のキャッチコピーに「モノ作り」という言葉がよく出てくるが、こういうことなんですな。ナメてました。すんません。

 

とはいえ、発信するツールとして、かなり有効で、一般的なホームページビルダー系のソフトよりも楽に簡単に作ることができた。

こまめに更新していこうと思う。

続きを読む 1 コメント
コメント: 2
  • #2

    tawamureyama (水曜日, 23 6月 2010 23:14)

    mrsnさん
    コメント一番乗りありがとうございます。
    言われてみれば・・・という言葉を一番使いたくないですが、調べてみれば色々出てくるもんなんですね。
    配色は、どうやら好きな色を使うとこんな「らしい」感じになるので便利です。
    木工も頑張って作品を残して行きたいと思いますので、またご意見ご感想をお待ちしております。

  • #1

    mrsn (木曜日, 17 6月 2010 18:17)

    ホームページ開設おめでとうございます。最近は初心者にも優しいツールが多く、探すと色々ありますね。しかし相変わらずのkajiさんらしい配色のページで、なにやら安心感があります。木工カトラリーや写真のページも、楽しみにしております。